パスケール11(液体)

スケール抑制剤

パスケール11(液体)

パスケール11は、温浴/温泉施設の配管・熱交換器等に付着するスケール(特に鉄系)を防止し、スケーリングによる給湯トラブルを大幅に削減できます。食品添加物規格品で構成され、飲泉等にも安心してご使用頂けるスケール抑制剤です。

用途

温泉施設等の配管ラインのスケーリング抑制

特徴

  • 温浴施設の揚湯管、揚湯ポンプ、貯湯槽、熱交換器、ろ過機(ろ材)、浴槽、循環ライン、排水管等に付着するスケールを防止します。
  • 特に鉄系のスケーリングを防止することができます。
  • 食品添加物規格品で構成されているので、飲泉などに使用する場合でも安心してご使用頂けます。
  • 低コストで、配管や熱交換器のスケール洗浄経費を抑制することができ、維持管理コストを削減することができます。
  • スケーリングによる給湯トラブルを大幅に削減できます。

使用方法

  • 薬注装置を用いて、揚湯量に対して10~20㎎/Lの濃度で定量注入して下さい。
  • 源泉井戸内、源泉井戸に最も近い配管、貯湯槽等(揚湯ポンプ、エアホース等の稼働に連動)へ注入して下さい。
    ※温泉成分表や実際のスケール、温泉水を送って頂きましたら、最適な添加量や製品をご提案致します。現場にて直接デモ使用される場合は、デモ特価でお出ししますので、数ヵ月間程度経時変化をご確認下さい。

こんな時におススメ

  • 配管がスケールで直ぐに詰まる。
  • 熱交換器にスケールが付着し、熱効率が落ちる。
  • 湯量が減った/温度が下がった。
  • スケールの洗浄コストやそれにかかる労力が大変。
  • 今使用している抑制剤が高い。

注意事項

  • 60℃以上の温泉の場合は使用できませんので、他の製品をご使用下さい。
  • 塩素等の薬注に使用する薬注ユニットで使用可能です。
  • 揚湯管やエアーホースから注入する際は、高圧に対応した薬注ポンプや耐熱コイルチューブ等が必要になる場合があります。
  • 使用方法/用途を順守してご使用して下さい。
  • 直射日光を避け、冷暗所に保存して下さい。薬注タンク内にホコリや雨水等が入らない様にして下さい。条件によっては、長期間使用し続けるとタンク内にコケ類が生える可能性がありますので、注意して下さい。その際は水洗いするか、希釈した塩素剤でタンク内を満たし数分程度タンク内を消毒して下さい。消毒後は十分に水洗いして下さい。
  • 本製品を使用する事によりスケールの付着を100%抑制する事を保証するものではありません。
  • 詳しくは安全データーシート(SDS)を参照下さい。

製品荷姿およびご参考価格

  • 10kg入り液体
  • 20kg入り液体
    ※コストメリットが出る形でご提案致しますので、お手数ですが、価格はお問い合わせ下さい。